コインランドリー経営まるわかりガイドコインランドリー経営まるわかりガイド
コインランドリー経営まるわかりガイド » コインランドリー経営をサポートしてくれるフランチャイズ本部一覧 » TOSEI

TOSEI

TOSEIHPのキャプチャ

引用元:TOSEI公式HP(https://www.tosei-corporation.co.jp/coin-seminar/)

1950年の創業から70年以上の実績を持つコインランドリー業界の老舗、TOSEIの経営戦略や特徴、事例についてまとめました(2022年2月時点)。

TOSEIのコインランドリー経営戦略

TOSEIは、2020年度の大型コインランドリー機器出荷台数シェア42%(2021年4月TOSEI調べ)を誇る国産メーカー。コインランドリー事業においても、業界の先駆け的存在となっています。

TOSEIのコインランドリーは洗濯・乾燥がワンストップの洗濯乾燥機を導入しており、これが高収入・高稼働率を実現。TOSEIの調べによると、一般的なコインランドリーは売上比率65%・客単価500~600円であるのに対し、TOSEIの洗濯乾燥機の売上比率は75%。客単価も、800~1,200円までアップしたというデータがあります。

参照元:TOSEI 公式HP(https://www.tosei-corporation.co.jp/coin-seminar/)

TOSEIのコインランドリー節税支援

要件を満たすことで、「中小企業経営強化税制」による設備費用の即時償却や、法人税(個人事業主の場合は所得税)の優遇を受けられます。土地活用で開業する場合は、相続時に小規模宅地の特例が適用され、相続税の軽減効果が期待できるとのことです。税制面についてのサポートは、必要に応じて専門家を紹介しています。

このサイトではTOSEIの他にも、様々なコインランドリーFC本部を紹介しています。
TOPページでは、安定収益のためのビジネスモデルを打ち出している、コインランドリーFC本部3社を詳しく紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

コインランドリー経営FC(フランチャイズ)本部3社
【安定収益】ビジネスモデルごとに紹介!

TOSEIの特徴

コインランドリーに+αの付加価値の提供

TOSEIでは、利用者をリピーターとして定着させるため、コインランドリー+αの付加価値を提案しています。たとえばコインランドリーにカフェや雑貨店を併設したり、コイン洗車を併設して洗濯と洗車を一度に済ませられるといった工夫です。また、クックパッドが運営する生鮮食品の通信販売サービス、宅配ボックス、フリマ用の撮影ブースの設置といった、企業コラボを取り入れることも可能です。

充実のサポートサービス

TOSEIでは、商圏調査を無料で実施。コインランドリーにおける独自の商圏データを持っているため、開業予定地や物件が経営に適しているかをしっかり分析してくれます。また、開業後に困ったことがあった場合も、一次受付は24時間365日体制で対応。オプションサービスになりますが、機器のトラブルや返金対応といった業務も遠隔操作で解決しています。

キャッシュレスに対応

TOSEIではプリペイドカードや電子マネーが利用できる独自のマルチ決済システムを導入しており、ますますニーズの高まるキャッシュレス化に対応しているのが特徴です。また利用者のスマートフォンに洗濯終了を知らせる機能も搭載されているとのこと。

ふとん専用の乾燥機を設置

TOSEIが自社ならではの強みでありこだわりとして大きくアピールしているのが、ふとん専用の乾燥機です。もちろん「ふとん洗い」に対応する大型洗濯機も備えており、大物洗いに対するニーズは今後ますます高まっていくと訴求されています。

オンラインで売上管理

TOSEIクラウドという独自のオンラインシステムを確立しており、売上や稼働・回収状況など、店舗の情報をオンライン上で一元管理することができるとしています。また365日24時間体制でサポート対応してもらえるのもメリットです。

無料セミナーも開催している

TOSEIではコインランドリー事業に興味をお持ちの方、参画を検討している方向けに、無料で参加できるセミナーを現地参加型とオンライン方式の双方で、定期的に開催しています。

TOSEIがこれまで培ってきた経営ノウハウをはじめ、資金調達や補助金の活用方法などを学ぶことが可能です。さらには「無料個別相談」も随時門戸を開いており、分からないことや不安なことなどは、なんでも気軽に相談して欲しいとしています。こちらも対面とオンラインの双方が利用できます。

TOSEIのコインランドリー導入事例

メルカリとのコラボレーション事例

コインランドリーで洗濯した衣類などを、その場で撮影できるフリマアプリ撮影ブースをメルカリコラボで設置。撮影に必要な背景布・ハンガーはもちろん、発送に使う段ボール・ビニール袋・宅急便コンパクトといった梱包資材も無料で提供。コインランドリーだけで出品までの準備ができるサービスです。

参照元:TOSEI公式HP https://www.tosei-corporation.co.jp/collaboration/

スタッフ常駐のネイルサロン併設事例

株式会社チーム・チャンネルでは、コインランドリーにネイルサロンを併設。洗濯が完了するまでの時間を活用し、ネイルを楽しむことができます。また、店舗にはネイリストが常駐しており、機器の使い方説明・店内清掃といったサポート提供も行えるのがメリットです。

参照元:TOSEI公式HP(https://www.tosei-corporation.co.jp/collaboration/)

TOSEIの企業情報

所在地 東京都品川区東五反田1丁目24番2号 JRE東五反田一丁目ビル2階
電話番号 0120-002-490
屋号・運営会社名 株式会社TOSEI
公式HPのURL https://www.tosei-corporation.co.jp/coin-seminar/

コインランドリーの
集客はFC本部の
経営戦略で決まる!

コインランドリーのイメージ

安定収益を目指すには、集客戦略を打ち出すコインランドリーのフランチャイズ本部に加盟することが近道。
「立地戦略」「知名度(ブランド力)」「初期投資の手軽さ」という3つの観点で、おすすめの3社を紹介!

コインランドリー
経営FC本部3選を
詳しく見る
【安定収益】ビジネスモデルで選ぶ
コインランドリー経営
3選
好立地

商業施設内で
立地の優位性

ジーアイビー
株式会社ジーアイビー公式HPのキャプチャ

引用元:株式会社ジーアイビー公式HP(https://fc-web.jp/)

ビジネスモデル
           
商業施設の"近く"ではなく、
商業施設"内"で差別化
商業施設内に建物自体を取得することで、節税効果も

特徴を詳しく見る

ジーアイビーの
公式HPで
オープンできる
商業施設を見る

電話で問い合わせる
営業時間/9:00~18:00
定休日/土・日・祝日

ブランド力

機器メーカーの
安心サポート

TOSEI
株式会社TOSEI公式HPのキャプチャ

引用元:株式会社TOSEI公式HP(https://www.tosei-corporation.co.jp/coin-seminar02/)

ビジネスモデル
洗濯機を提供するメーカーが、知見数を武器に開業支援
           
メンテナンスも安心のサポート

特徴を詳しく見る

       

TOSEIの
公式HPで
出店実績を
詳しく見る

       

電話で問い合わせる
営業時間/9:00~17:45
定休日/土・日・祝日

低コスト

都心型で
小さくスタート

ネクサス
ネクサス公式HPのキャプチャ

引用元:株式会社ネクサス公式HP(https://www.nexus55.co.jp/)

ビジネスモデル
ガス工事不要、省スペース化により「徒歩・自転車」の生活導線にこだわり
中古機械の使用でリースより割安に

特徴を詳しく見る

ネクサスの
公式HPで
開業プランを
詳しく見る

電話で問い合わせる
営業時間/9:00~18:00
定休日/土・日・祝日

【サイトに掲載する会社について】
2021年12月22日時点、Googleで「コインランドリー 経営」「コインランドリー フランチャイズ」と検索し、検索結果10ページまでに表示された、上位60社を調査。コインランドリーの安定経営を目指すために必要な「立地」「ブランド力」「コスト」の観点から、以下の基準で3社を選出しました。

【3社の選定理由】
(立地)ジーアイビー…商業施設に特化した立地戦略を取っている企業の中で、最も出店実績が多い。
(ブランド力)TOSEI…機器メーカーの中で、最もFC展開店舗数が多い。
(コスト)ネクサス…開業プランが明記されている企業の中で、最も初期費用が安い。