コインランドリー経営まるわかりガイドコインランドリー経営まるわかりガイド
コインランドリー経営まるわかりガイド » コインランドリー経営をサポートしてくれるフランチャイズ本部一覧 » WASHハウス

WASHハウス

WASHハウスHPのキャプチャ

引用元:WASHハウス公式HP(https://corporate.wash-house.jp/)

売上があがる場所・物件への出店を徹底している、WASHハウスのコインランドリー経営戦略と特徴についてご紹介します。

WASHハウスのコインランドリー経営戦略

WASHハウスのコインランドリー事業は、いかに集客力の高いエリアに出店するか、売上があがる物件かどうかを重視。遊休地活用といったサイドビジネス的な考えではなく、投資に近いポジショニングとなっているのがWASHハウスの大きな特徴です。そのため、出店予定地に関する事前調査に注力。これまでに蓄積したノウハウとデータを活用し、収益の出せる場所での出店にこだわっています。

収益については、既存店舗の売り上げ・利益をベースに、毎年積み上げていくストック型の収益構造であることが特徴。毎月・毎年の売り上げを0から積み上げるフロー型と比べると収益の安定化を図りやすく、増収増益基調をキープすることもさほど困難ではないとのことです。こうしたこだわりにより、売上不振が原因で撤退した店舗が少ないということが強みです。

WASHハウスのコインランドリー節税支援

公式HPに情報が見当たりませんでした。

このサイトではWASHハウスの他にも、様々なコインランドリーFC本部を紹介しています。
TOPページでは、安定収益のためのビジネスモデルを打ち出している、コインランドリーFC本部3社を詳しく紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

コインランドリー経営FC(フランチャイズ)本部3社
【安定収益】ビジネスモデルごとに紹介!

WASHハウスの特徴

オリジナル機械・システムの使用で利用者のニーズに対応

WASHハウスでは、自社開発のオリジナル機械・システムを使用することで、利用者のさまざまなニーズに応えています。標準的店舗には、布団丸洗いが可能な大型洗濯機(最大22㎏)・乾燥機(最大25㎏)を設置。無料で使えるシミ抜き用の機器や、靴を洗えるスニーカーランドリーなども導入しています。

さらに、遠隔操作で本社からランドリー機器をコントロールできるIoT型ランドリー機器を導入するなどで、無人店舗でありながら有人店舗のようなサービスを提供。利用者が安心して使えるシステムを構築しています。

本部とオーナーが対立せず共栄できる全く新しい仕組み

コインランドリーの運営について、FC本部とオーナーが対立するというのは少なくない話です。売上が悪くなるとオーナーは「本部の仕組みが良くない」、本部は「教育が良くない」などとお互いに責任をなすりつけ、最悪の場合は訴訟に発展することもあるようです。

こういった問題に対し、WASHハウスでは全店舗一括管理運営方式を採用。このシステムでは、「24時間365日対応のコールセンター」「WEBカメラと遠隔コントロールによる即時サポート」「毎日の点検」「清掃業務」「洗剤補充」「メンテナンス巡回」「広告活動」といった店舗運営・管理のほとんどを本部が提供。オーナー側の負担を、実質0にする取り組みを行っています。

場所を借りて出店できる

コインランドリーのFC加盟は遊休地を所有する土地オーナーを対象としているケースが多く見られますが、WASHハウスでは土地を保有していなくてもFC加盟することができる方式。実際、多くのFC加盟者は、同社から土地を借りて出店しているそうです。

海外での活動にも力を入れている

WASHハウスは、日本国内はもちろん、世界展開を見据えた布石も打っているとのこと。2009年には監視カメラと遠隔操作によるコインランドリー管理システムの特許を韓国と中国で取得。またアメリカ進出も視野に入れているとしています。

様々な都道府県で店舗を展開

WASHハウスがFC展開している店舗は2022年6月30日時点で623店舗。宮﨑県宮崎市を本拠としているだけあり、九州エリアの店舗数が多く、関東、中部、関西、中四国エリアもカバー。北海道・東北エリアは比較的店舗が少なく、狙い目と言えるかもしれません

WASHハウスのコインランドリー導入事例

公式HPに情報が見当たりませんでした。

WASHハウスの企業情報

所在地 宮崎県宮崎市新栄町86番地1
電話番号 0985-24-0000
屋号・運営会社名 WASHハウス(WASHハウス株式会社)
公式HPのURL https://corporate.wash-house.jp/

どれだけ儲かる?コインランドリー
経営の
いろはを詳しく見る

コインランドリーの
集客はFC本部の
経営戦略で決まる!

コインランドリーのイメージ

安定収益を目指すには、集客戦略を打ち出すコインランドリーのフランチャイズ本部に加盟することが近道。
「立地戦略」「知名度(ブランド力)」「初期投資の手軽さ」という3つの観点で、おすすめの3社を紹介!

コインランドリー
経営FC本部3選を
詳しく見る
【安定収益】ビジネスモデルで選ぶ
コインランドリー経営
3選
好立地

商業施設内で
立地の優位性

ジーアイビー
株式会社ジーアイビー公式HPのキャプチャ

引用元:株式会社ジーアイビー公式HP(https://fc-web.jp/)

ビジネスモデル
           
商業施設の"近く"ではなく、
商業施設"内"で差別化
商業施設内に建物自体を取得することで、節税効果も

特徴を詳しく見る

ジーアイビーの
公式HPで
オープンできる
商業施設を見る

電話で問い合わせる
営業時間/9:00~18:00
定休日/土・日・祝日

ブランド力

機器メーカーの
安心サポート

TOSEI
株式会社TOSEI公式HPのキャプチャ

引用元:株式会社TOSEI公式HP(https://www.tosei-corporation.co.jp/coin-seminar02/)

ビジネスモデル
洗濯機を提供するメーカーが、知見数を武器に開業支援
           
メンテナンスも安心のサポート

特徴を詳しく見る

       

TOSEIの
公式HPで
出店実績を
詳しく見る

       

電話で問い合わせる
営業時間/9:00~17:45
定休日/土・日・祝日

低コスト

都心型で
小さくスタート

ネクサス
ネクサス公式HPのキャプチャ

引用元:株式会社ネクサス公式HP(https://www.nexus55.co.jp/)

ビジネスモデル
ガス工事不要、省スペース化により「徒歩・自転車」の生活導線にこだわり
中古機械の使用でリースより割安に

特徴を詳しく見る

ネクサスの
公式HPで
開業プランを
詳しく見る

電話で問い合わせる
営業時間/9:00~18:00
定休日/土・日・祝日

【サイトに掲載する会社について】
2021年12月22日時点、Googleで「コインランドリー 経営」「コインランドリー フランチャイズ」と検索し、検索結果10ページまでに表示された、上位60社を調査。コインランドリーの安定経営を目指すために必要な「立地」「ブランド力」「コスト」の観点から、以下の基準で3社を選出しました。

【3社の選定理由】
(立地)ジーアイビー…商業施設に特化した立地戦略を取っている企業の中で、最も出店実績が多い。
(ブランド力)TOSEI…機器メーカーの中で、最もFC展開店舗数が多い。
(コスト)ネクサス…開業プランが明記されている企業の中で、最も初期費用が安い。