コインランドリー経営まるわかりガイドコインランドリー経営まるわかりガイド
コインランドリー経営まるわかりガイド » コインランドリー経営をサポートしてくれるフランチャイズ本部一覧 » エムアイエス(旧:マンマチャオ)

エムアイエス(旧:マンマチャオ)

エムアイエスHPのキャプチャ

引用元:エムアイエス公式HP(https://mammaciao.com/company)

日本の主婦を元気にする、をテーマに、明るく親しみあるコインランドリーを実現するエムアイエス(旧:マンマチャオ)。特徴などをご紹介していきます。

エムアイエス(旧:マンマチャオ)のコインランドリー経営戦略

エムアイエスの経営理念は「家族」「笑顔」「夢の実現」。

日ごろ家事や仕事や育児などで忙しい主婦のために、「自分のための時間を作ってあげたい」というコンセプトが、エムアイエスのコインランドリービジネスがある理由のひとつです。

家事をしていく中で大きく時間が取られがちなひとつに、洗濯が挙げられます。もしコインランドリーを気軽に利用することができれば、空いた時間で友人とのおしゃべりや、趣味や習い事に使える時間をつくることができるでしょう。主婦が笑顔になれば家族も笑顔になります。

これまでのコインランドリーで使用していたのは、主に単身者や学生でした。薄暗いイメージのため、女性にとっては快適な空間ではありませんでした。

そこでエムアイエスでは、女性に受け入れられるような親しみやすくオシャレなコインランドリーをと考え、カラーリングを明るくして居心地のいい空間を作っています。

エムアイエスのコインランドリー節税支援

エムアイエスに加盟して2500万円を支払うことで、7割程度(1750万円程度)を経費として計上することができます。たとえば利益が1億円とすると、マイナス経費1750万円、イコール8250万円。1750万円の4割(法人税)である、700万円を節税できるということになります。

このサイトではエムアイエスの他にも、様々なコインランドリーFC本部を紹介しています。
TOPページでは、安定収益のためのビジネスモデルを打ち出している、コインランドリーFC本部3社を詳しく紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

コインランドリー経営FC(フランチャイズ)本部3社
【安定収益】ビジネスモデルごとに紹介!

エムアイエス(旧:マンマチャオ)の特徴

24時間即応態勢のコインランドリー

トラブルに見舞われた際、ユーザーはすぐに対応して欲しいもの。24時間コールセンターにて、専門のスタッフが臨機応変に対応しています。

また返金や機器の作動においても、遠隔操作ですぐに対応することが可能。このように、無人店舗のであることの欠点も即時対応できるシステムとなっています。

ロイヤリティが不要

ロイヤリティがないのも特徴。エムアイエスの看板やサービスを使用することでオーナーが成功を得られたら、それは「信用」という財産になります。それはエムアイエスに返って来ることになるので、ロイヤリティは「不要」ということになるのです。

収入源は人々が納得して使用するサービスや機器の販売の対価。オーナーとエムアイエス本部は、共存関係というスタンスでサポートしています

エムアイエス(旧:マンマチャオ)のコインランドリー導入事例

コンビニ併設のマンマチャオくずは店

大阪府枚方市のマンマチャオくずは店は、コンビニエンスストアに併設された店舗。

駐車場も4台確保されており、集客が期待できる立地と言えます。

参照元:マンマチャオ公式HP(http://ciao-net.jp/shops/129798652247.html)

スーパーマーケット併設のアピタ稲沢東店

愛知県のマンマチャオアピタ稲沢東店は、スーパーマーケットの敷地内に独立した店舗を展開している事例。

8:00~24:00まで営業しており、買い物ついでに立ち寄れる立地となっています。

参照元:マンマチャオ公式HP(http://ciao-net.jp/shops/151295587877.html)

エムアイエス(旧:マンマチャオ)の企業情報

所在地 東京都港区東新橋2-18-3 ルネパルティーレ汐留3F
電話番号 03-4400-7701/0120-79-5523
屋号・運営会社名 株式会社エムアイエス
公式HPのURL https://mammaciao.com/

コインランドリーの
集客はFC本部の
経営戦略で決まる!

コインランドリーのイメージ

安定収益を目指すには、集客戦略を打ち出すコインランドリーのフランチャイズ本部に加盟することが近道。
「立地戦略」「知名度(ブランド力)」「初期投資の手軽さ」という3つの観点で、おすすめの3社を紹介!

コインランドリー
経営FC本部3選を
詳しく見る
【安定収益】ビジネスモデルで選ぶ
コインランドリー経営
3選
好立地

商業施設内で
立地の優位性

ジーアイビー
株式会社ジーアイビー公式HPのキャプチャ

引用元:株式会社ジーアイビー公式HP(https://fc-web.jp/)

ビジネスモデル
           
商業施設の"近く"ではなく、
商業施設"内"で差別化
商業施設内に建物自体を取得することで、節税効果も

特徴を詳しく見る

ジーアイビーの
公式HPで
オープンできる
商業施設を見る

電話で問い合わせる
営業時間/9:00~18:00
定休日/土・日・祝日

ブランド力

機器メーカーの
安心サポート

TOSEI
株式会社TOSEI公式HPのキャプチャ

引用元:株式会社TOSEI公式HP(https://www.tosei-corporation.co.jp/coin-seminar02/)

ビジネスモデル
洗濯機を提供するメーカーが、知見数を武器に開業支援
           
メンテナンスも安心のサポート

特徴を詳しく見る

       

TOSEIの
公式HPで
出店実績を
詳しく見る

       

電話で問い合わせる
営業時間/9:00~17:45
定休日/土・日・祝日

低コスト

都心型で
小さくスタート

ネクサス
ネクサス公式HPのキャプチャ

引用元:株式会社ネクサス公式HP(https://www.nexus55.co.jp/)

ビジネスモデル
ガス工事不要、省スペース化により「徒歩・自転車」の生活導線にこだわり
中古機械の使用でリースより割安に

特徴を詳しく見る

ネクサスの
公式HPで
開業プランを
詳しく見る

電話で問い合わせる
営業時間/9:00~18:00
定休日/土・日・祝日

【サイトに掲載する会社について】
2021年12月22日時点、Googleで「コインランドリー 経営」「コインランドリー フランチャイズ」と検索し、検索結果10ページまでに表示された、上位60社を調査。コインランドリーの安定経営を目指すために必要な「立地」「ブランド力」「コスト」の観点から、以下の基準で3社を選出しました。

【3社の選定理由】
(立地)ジーアイビー…商業施設に特化した立地戦略を取っている企業の中で、最も出店実績が多い。
(ブランド力)TOSEI…機器メーカーの中で、最もFC展開店舗数が多い。
(コスト)ネクサス…開業プランが明記されている企業の中で、最も初期費用が安い。