コインランドリー経営まるわかりガイドコインランドリー経営まるわかりガイド
コインランドリー経営まるわかりガイド » コインランドリー経営をサポートしてくれるフランチャイズ本部一覧 » ボーテ

ボーテ

ボーテHPのキャプチャ

引用元:ボーテ公式HP(http://www.solid-laundry.com/index.html)

2010年にFCスタートしてから、豊富な実績を積み重ねてきたボーテ。特徴などをご紹介していきます。

ボーテのコインランドリー経営戦略

ボーテの経営戦略は、1つのチェーンストアを、同じ地域に集中出店する「beaute ブランドのドミナント戦略」。

出店するのは、あえて東海エリアのみ。これにより、アフターサービスにおいての移動距離を短くでき、メンテコストを大幅に抑えることができます。

FC店舗間には、原則半径2kmの商圏を確保することで、行き過ぎたドミナント化も防止しています。

また、デザインポリシーとして、「優雅さ」と「洗練さ」の設計コンセプトに重きを置いています。

ボーテのコインランドリー節税支援

公式HPに情報が見当たりませんでした。

このサイトではボーテの他にも、様々なコインランドリーFC本部を紹介しています。
TOPページでは、安定収益のためのビジネスモデルを打ち出している、コインランドリーFC本部3社を詳しく紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

コインランドリー経営FC(フランチャイズ)本部3社
【安定収益】ビジネスモデルごとに紹介!

ボーテの特徴

10年以上の退店・閉店ゼロの実績

コインランドリービジネスへ参入するのは非常に容易です。しかし、繁盛しているように見えても意外と閉店してしまったり、売上は高いけれど実は経費も高く赤字だったりなど、コインランドリー店舗を運営するには困難がつきまとうものです。

ボーテでは、2010年にFC開始してから107号店まで1店舗も閉店・退店を出していません(2022年2月時点)。

その経験を元にFCを設計し、FC全体に常にフィードバックしているのです。

ボーテ自社コールセンターによるユーザーフォロー

業界で20年以上のコールセンター経験を誇るボーテは、ユーザーからのクレームを大切にしています(2022年2月時点)。コールセンターは外部委託ではなく自社で運営。直接クレームを受けることが、FC成長の原動力となる、といった考えです。遠隔操作だけでなく、以下のようなフォローをスピーディに行います

ボーテのコインランドリー導入事例

買物のついでに立ち寄れる四日市市のコインランドリー

愛知県四日市市上海老町字東大沢のファムタウンショッピングセンター内に、オープンした四日市上海老店はボーテ104番目の店舗となります。

駐車場は広々としたスペースで、店内は落ち着いた雰囲気。スーパーやドラッグストアに隣接しているので、洗濯を待っている間、用事を済ませたりショッピングを楽しんだりすることも。スマートフォンにてランドリー機器の空き状況がすぐに確認可能なので、時間を無駄にすることがなく便利ですね。

参照元:LAUNDRICH コインランドリー総合サイト(https://www.coin-laundry.co.jp/userp/shop_detail/11001815.html)

ドラムリフレッシュで衛生的に利用ができる

愛知県春日井市にある「ボーテ春日井大手店」は、ひろびろした店内でゆったりくつろぎながら洗濯・乾燥ができることが魅力。

店内には防犯カメラが設置されおり、24時間録画しているため安心です。

乾燥機を使う前にはドラムリフレッシュが無料でできるので、糸くずや前に利用した人の残り香を吹き飛ばすことができて衛生的。春日井東野店も共通のボーテカードがあり、利用するごとにポイントが貯まっていくのも魅力です。

参照元:LAUNDRICH コインランドリー総合サイト(https://www.coin-laundry.co.jp/userp/shop_detail/11001470)

ボーテの企業情報

所在地 愛知県豊橋市西松山町81
電話番号 0532-54-5410
屋号・運営会社名 株式会社ソリッド
公式HPのURL http://www.solid-laundry.com/pg91.html

コインランドリーの
集客はFC本部の
経営戦略で決まる!

コインランドリーのイメージ

安定収益を目指すには、集客戦略を打ち出すコインランドリーのフランチャイズ本部に加盟することが近道。
「立地戦略」「知名度(ブランド力)」「初期投資の手軽さ」という3つの観点で、おすすめの3社を紹介!

コインランドリー
経営FC本部3選を
詳しく見る
【安定収益】ビジネスモデルで選ぶ
コインランドリー経営
3選
好立地

商業施設内で
立地の優位性

ジーアイビー
株式会社ジーアイビー公式HPのキャプチャ

引用元:株式会社ジーアイビー公式HP(https://fc-web.jp/)

ビジネスモデル
           
商業施設の"近く"ではなく、
商業施設"内"で差別化
商業施設内に建物自体を取得することで、節税効果も

特徴を詳しく見る

ジーアイビーの
公式HPで
オープンできる
商業施設を見る

電話で問い合わせる
営業時間/9:00~18:00
定休日/土・日・祝日

ブランド力

機器メーカーの
安心サポート

TOSEI
株式会社TOSEI公式HPのキャプチャ

引用元:株式会社TOSEI公式HP(https://www.tosei-corporation.co.jp/coin-seminar02/)

ビジネスモデル
洗濯機を提供するメーカーが、知見数を武器に開業支援
           
メンテナンスも安心のサポート

特徴を詳しく見る

       

TOSEIの
公式HPで
出店実績を
詳しく見る

       

電話で問い合わせる
営業時間/9:00~17:45
定休日/土・日・祝日

低コスト

都心型で
小さくスタート

ネクサス
ネクサス公式HPのキャプチャ

引用元:株式会社ネクサス公式HP(https://www.nexus55.co.jp/)

ビジネスモデル
ガス工事不要、省スペース化により「徒歩・自転車」の生活導線にこだわり
中古機械の使用でリースより割安に

特徴を詳しく見る

ネクサスの
公式HPで
開業プランを
詳しく見る

電話で問い合わせる
営業時間/9:00~18:00
定休日/土・日・祝日

【サイトに掲載する会社について】
2021年12月22日時点、Googleで「コインランドリー 経営」「コインランドリー フランチャイズ」と検索し、検索結果10ページまでに表示された、上位60社を調査。コインランドリーの安定経営を目指すために必要な「立地」「ブランド力」「コスト」の観点から、以下の基準で3社を選出しました。

【3社の選定理由】
(立地)ジーアイビー…商業施設に特化した立地戦略を取っている企業の中で、最も出店実績が多い。
(ブランド力)TOSEI…機器メーカーの中で、最もFC展開店舗数が多い。
(コスト)ネクサス…開業プランが明記されている企業の中で、最も初期費用が安い。