コインランドリー経営まるわかりガイドコインランドリー経営まるわかりガイド
コインランドリー経営まるわかりガイド » コインランドリー経営をサポートしてくれるフランチャイズ本部一覧 » スマイルランドリーシステムズ

スマイルランドリーシステムズ

スマイルランドリーシステムズは、さまざまな型のコインランドリーの開業支援を行っています。 また運営委託事業にも取り組んでいるのが特徴です。ここではスマイルランドリーシステムズの特徴や企業情報などを見ていきましょう。

スマイルランドリーシステムズのコインランドリー経営戦略

「洗濯をやめる選択」で新しい家事文化を創造することにより、その時間を豊かに過ごすお手伝いをするのがスマイルランドリーシステムズのビジョンです。そしてコインランドリーのリーディングチェーンとなり、日本の洗濯文化を進化させていく存在となっていけることを目的としています。

さまざまなタイプのコインランドリーを展開し、どんな地域でもニーズに合ったコインランドリーの開業が可能です。

スマイルランドリーシステムズのコインランドリー節税支援

公式HPに情報が見当たりませんでした。

このサイトではスマイルランドリーシステムズの他にも、様々なコインランドリーFC本部を紹介しています。
TOPページでは、安定収益のためのビジネスモデルを打ち出している、コインランドリーFC本部3社を詳しく紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

コインランドリー経営FC(フランチャイズ)本部3社
【安定収益】ビジネスモデルごとに紹介!

スマイルランドリーシステムズの特徴

さまざまなタイプのコインランドリーを用意

スマイルランドリーシステムズでは、「超都市型ミニマムコインランドリー」「コンテナ型コインランドリー」「新築型コインランドリー」「テナント型コインランドリー」の4種類を用意しています。

出店したい場所や周辺のニーズに合わせたコインランドリーが展開できるため、開業のリスクを抑えられます。場所に合わせてどんなコインランドリーを選ぶべきかの相談も可能です。

ミニマムコインランドリー

名称の通り初期費用を抑え、なおかつ都心などの省スペースでも出店できるプラン。具体的には300万円から500万円程度の費用から出店できるリーズナブルなコインランドリーサービスであるとアピールされています。

コンテナ型コインランドリー

駐車場3.5台分のスペースに、その名の通りコンテナを改造したコインランドリーを設置して開業するというプランになります。一般的なコインランドリーは初期の設備投資として3,000~5,000万円程度が必要になるのに対し、このプランでは半額程度に抑えることができるのが大きなメリットとのこと。

また予めコンテナを改装してコインランドリー化したものを開店場所に設置する方式なので、短期間かつ簡単に開店可能。空地の有効活用手段としても注目されているそうです。

新築型コインランドリー

200坪以上の遊休地を所有する土地オーナー向けに、コインランドリー施設の建築、運営を提案するプランとなっています。コインランドリー単体としてはもちろん、他の店舗との複合施設として計画し、出店希望企業のリーシングもサポートしてもらえるとのことです。

テナント型コインランドリー

コンビニや飲食店などの跡地を活用し、中型・大型のコインランドリーとして出店するプラン。大物洗いに対応できる機器を設置した上で、利用者向け駐車場を何台分確保できるかが、大きな鍵であるとのこと。地域1番店を目指すプランであるとアピールされています。

運営委託事業も展開

コインランドリーを運営するにあたって必要なお客様対応のためのコールセンター、店舗の清掃・集金・現場管理などを請け負う運営委託事業も展開しています。

コインランドリーの事業者はすべてを委託して「運営をしない」という選択も可能です。そのため、遠隔地での事業も行うことができます。

スマイルランドリーシステムズのコインランドリー導入事例

公式HPに情報が見当たりませんでした。

スマイルランドリーシステムズの企業情報

所在地 埼玉県草加市西町1102-1
電話番号 048-954-9090
屋号・運営会社名 株式会社スマイルランドリーシステムズ
公式HPのURL https://smile-laundry-systems.com/

どれだけ儲かる?コインランドリー
経営の
いろはを詳しく見る

コインランドリーの
集客はFC本部の
経営戦略で決まる!

コインランドリーのイメージ

安定収益を目指すには、集客戦略を打ち出すコインランドリーのフランチャイズ本部に加盟することが近道。
「立地戦略」「知名度(ブランド力)」「初期投資の手軽さ」という3つの観点で、おすすめの3社を紹介!

コインランドリー
経営FC本部3選を
詳しく見る
【安定収益】ビジネスモデルで選ぶ
コインランドリー経営
3選
好立地

商業施設内で
立地の優位性

ジーアイビー
株式会社ジーアイビー公式HPのキャプチャ

引用元:株式会社ジーアイビー公式HP(https://fc-web.jp/)

ビジネスモデル
           
商業施設の"近く"ではなく、
商業施設"内"で差別化
商業施設内に建物自体を取得することで、節税効果も

特徴を詳しく見る

ジーアイビーの
公式HPで
オープンできる
商業施設を見る

電話で問い合わせる
営業時間/9:00~18:00
定休日/土・日・祝日

ブランド力

機器メーカーの
安心サポート

TOSEI
株式会社TOSEI公式HPのキャプチャ

引用元:株式会社TOSEI公式HP(https://www.tosei-corporation.co.jp/coin-seminar02/)

ビジネスモデル
洗濯機を提供するメーカーが、知見数を武器に開業支援
           
メンテナンスも安心のサポート

特徴を詳しく見る

       

TOSEIの
公式HPで
出店実績を
詳しく見る

       

電話で問い合わせる
営業時間/9:00~17:45
定休日/土・日・祝日

低コスト

都心型で
小さくスタート

ネクサス
ネクサス公式HPのキャプチャ

引用元:株式会社ネクサス公式HP(https://www.nexus55.co.jp/)

ビジネスモデル
ガス工事不要、省スペース化により「徒歩・自転車」の生活導線にこだわり
中古機械の使用でリースより割安に

特徴を詳しく見る

ネクサスの
公式HPで
開業プランを
詳しく見る

電話で問い合わせる
営業時間/9:00~18:00
定休日/土・日・祝日

【サイトに掲載する会社について】
2021年12月22日時点、Googleで「コインランドリー 経営」「コインランドリー フランチャイズ」と検索し、検索結果10ページまでに表示された、上位60社を調査。コインランドリーの安定経営を目指すために必要な「立地」「ブランド力」「コスト」の観点から、以下の基準で3社を選出しました。

【3社の選定理由】
(立地)ジーアイビー…商業施設に特化した立地戦略を取っている企業の中で、最も出店実績が多い。
(ブランド力)TOSEI…機器メーカーの中で、最もFC展開店舗数が多い。
(コスト)ネクサス…開業プランが明記されている企業の中で、最も初期費用が安い。