コインランドリー経営まるわかりガイドコインランドリー経営まるわかりガイド
コインランドリー経営まるわかりガイド » コインランドリー経営を成功させるためには » データで見るコインランドリー経営

データで見るコインランドリー経営

近年、資産を形成すべく副業をする人が増えつつあります。コインランドリー経営は、不労所得を得る手段として注目されています。なぜコインランドリー経営において需要が見込めるのか、利用者の状況やニーズなど、データをもとにまとめてみました。

コインランドリー需要、利用者、人気のエリア

コインランドリーの店舗数は、1996年度の10,228店舗から、2013年度には16,693店舗にまで増加しています。

インターネットによるアンケート調査で国内在住の20代~60代男女(有効回答数:1,000人)の回答によると、利用状況では男女ともに20~30代が多く、また今後の利用意向では女性の利用意向が高くなっています。

また最近では、都市部における学生や単身者に加え、高齢の単身世帯や、家事の時間短縮など、効率化したい共働き世帯の増加も需要増の要因となっているようです。

さらに布団・カーペットが洗濯できる大型洗濯機や、ペット用品専用や靴専用といった洗濯乾燥機など、コインランドリーでしかできないという目的の変化が需要を押し上げているようです。

利用者の目的にともなって、人気のエリアも変化しています。以前は駅に近いエリアが人気でしたが、まとめて洗濯できたり、大型の洗濯ができたりするほか、利用時間にショッピングをしたりカフェタイムを楽しんだりできるよう、駐車スペースのある商業施設やスーパー、カフェなどが集まる生活道路に面したエリアが人気です。

参照元:厚生労働省公式HP:「コインオペレーションクリーニング営業施設に関する調査(施設数)」(https://www.mhlw.go.jp/content/000640780.pdf)
参照元:独立行政法人中小企業基盤整備機構 J-net21 コインランドリー市場調査(2019年6月14日~6月17日)(https://j-net21.smrj.go.jp/startup/research/service/cons-coinlaundry.html)

コインランドリー経営FC(フランチャイズ)本部3社
【安定収益】ビジネスモデルごとに紹介!

なぜ今、コインランドリー経営が注目されているのか?

洗濯機は、今やどの家庭にもあるにも関わらず、どうしてコインランドリーが注目されているのでしょう?

まずユーザー側からみてみましょう。

共働き家庭が増えた現代において、家事をする時間も人それぞれになりつつあります。夜遅くに溜まった洗濯物を洗濯しなくてはならないけれど、近所迷惑を考えると洗濯機を回すことができない人にとって、コインランドリーであればそのようなことを気にせずに利用することができます。また時短という目的で乾燥機が使えるなどといったメリットも利用者増につながっています。

コインランドリー経営という側面からみてみましょう。

以前は不労所得を得るためのオーナー業といえば不動産投資が代表的なものでした。しかし近年では、コインランドリー経営が不労所得を得るためのオーナー業として注目されつつあります。理由としては、現代の生活スタイルにマッチングしていることのほかに、セルフサービスで行うために、教育費等の人件費を抑えることができること、利益率も他業種に比べ高いことなど、副業や新規事業として考えると手間がかからないことなどが挙げられます。

コインランドリーの
集客はFC本部の
経営戦略で決まる!

コインランドリーのイメージ

安定収益を目指すには、集客戦略を打ち出すコインランドリーのフランチャイズ本部に加盟することが近道。
「立地戦略」「知名度(ブランド力)」「初期投資の手軽さ」という3つの観点で、おすすめの3社を紹介!

コインランドリー
経営FC本部3選を
詳しく見る
【安定収益】ビジネスモデルで選ぶ
コインランドリー経営
3選
好立地

商業施設内で
立地の優位性

ジーアイビー
株式会社ジーアイビー公式HPのキャプチャ

引用元:株式会社ジーアイビー公式HP(https://fc-web.jp/)

ビジネスモデル
           
商業施設の"近く"ではなく、
商業施設"内"で差別化
商業施設内に建物自体を取得することで、節税効果も

特徴を詳しく見る

ジーアイビーの
公式HPで
オープンできる
商業施設を見る

電話で問い合わせる
営業時間/9:00~18:00
定休日/土・日・祝日

ブランド力

機器メーカーの
安心サポート

TOSEI
株式会社TOSEI公式HPのキャプチャ

引用元:株式会社TOSEI公式HP(https://www.tosei-corporation.co.jp/coin-seminar02/)

ビジネスモデル
洗濯機を提供するメーカーが、知見数を武器に開業支援
           
メンテナンスも安心のサポート

特徴を詳しく見る

       

TOSEIの
公式HPで
出店実績を
詳しく見る

       

電話で問い合わせる
営業時間/9:00~17:45
定休日/土・日・祝日

低コスト

都心型で
小さくスタート

ネクサス
ネクサス公式HPのキャプチャ

引用元:株式会社ネクサス公式HP(https://www.nexus55.co.jp/)

ビジネスモデル
ガス工事不要、省スペース化により「徒歩・自転車」の生活導線にこだわり
中古機械の使用でリースより割安に

特徴を詳しく見る

ネクサスの
公式HPで
開業プランを
詳しく見る

電話で問い合わせる
営業時間/9:00~18:00
定休日/土・日・祝日

【サイトに掲載する会社について】
2021年12月22日時点、Googleで「コインランドリー 経営」「コインランドリー フランチャイズ」と検索し、検索結果10ページまでに表示された、上位60社を調査。コインランドリーの安定経営を目指すために必要な「立地」「ブランド力」「コスト」の観点から、以下の基準で3社を選出しました。

【3社の選定理由】
(立地)ジーアイビー…商業施設に特化した立地戦略を取っている企業の中で、最も出店実績が多い。
(ブランド力)TOSEI…機器メーカーの中で、最もFC展開店舗数が多い。
(コスト)ネクサス…開業プランが明記されている企業の中で、最も初期費用が安い。