コインランドリー経営まるわかりガイドコインランドリー経営まるわかりガイド
コインランドリー経営まるわかりガイド » コインランドリー経営と他の投資商品を比較 » コインランドリー経営と不動産投資を比較

コインランドリー経営と不動産投資を比較

コインランドリー経営と不動産投資は、現在どちらも人気のあるビジネスとなっています。投資を考えているとき、どちらを選べばいいか悩む人もいるのではないでしょうか。

それぞれの特徴を比較してみましたので、参考にしてください。

それぞれ異なる立地条件・広さ

コインランドリーと不動産では、適している立地や土地の広さが異なります。

コインランドリーは「都市部」と「郊外」、どちらもニーズがあり、小さな土地でも始めることができます。

もちろん店舗候補地周辺の環境や人口・世帯数、立地条件、市場動向などをしっかりマーケティング調査する必要がありますが、それがクリアできれば、土地の形状がさほどきれいでなくても、さほど問題はありません

不動産投資では、ある程度の広さがあり、形状が整っている土地でなければ入居希望者が現れない可能性があります。

さらに賃貸物件というのは、ニーズがどうしても都市部であったり、公共交通機関に近いエリアに集中しがち。郊外の土地を活用して不動産投資する場合は、都市開発が行われている新興住宅地や交通の要衝となっている場所を見極める必要があるでしょう。

コインランドリー経営FC(フランチャイズ)本部3社
【安定収益】ビジネスモデルごとに紹介!

ランニングコストは毎月定額か、スポット金額か

コインランドリー経営の場合は、水道や電気などの光熱費や洗剤などの消耗品がランニングコストとしてかかります。基本的に無人で運営するため、人件費はかかりません。

不動産投資の場合は、一般的に発生するのは車の管理料くらいで、毎月かかるコストというのはほとんどないと言えます。ただし、住宅設備の入れ替えなどでかかるコストは高額になります。

「節税」が主ならコインランドリー、「資産価値」なら不動産

コインランドリー店舗は「一般動産」として評価され、毎年減価償却するため、資産価値は下がっていきます。しかし、資産価値が下がるということは課税対処額も抑えられるということになります。

またコインランドリーの初期費用は、事業をはじめた年度に損金として計上する「即時償却」が可能。相対的に法人税が下がるので、納税するはずだった資金を、次の投資に回すことも可能になります。

公示価格や路線価などといった時価で評価される不動産に比べると、節税効果は高くなる傾向があります。

コインランドリーは即現金収入、不動産は定期収入

コインランドリー経営と不動産投資は、収入を得る方法にも違いがあります。

賃貸マンションやアパートからは、毎月1回の支払いが発生します。一般的には不動産会社(管理会社)が集金したお金から、管理手数料を引いた額が、オーナーの収入になります。

対してコインランドリーでは、毎日集金を行うコインランドリーであれば、その日発生した売上をその日のうちに、現金収入として得ることができます。

どれだけ儲かる?コインランドリー
経営の
いろはを詳しく見る

コインランドリーの
集客はFC本部の
経営戦略で決まる!

コインランドリーのイメージ

安定収益を目指すには、集客戦略を打ち出すコインランドリーのフランチャイズ本部に加盟することが近道。
「立地戦略」「知名度(ブランド力)」「初期投資の手軽さ」という3つの観点で、おすすめの3社を紹介!

コインランドリー
経営FC本部3選を
詳しく見る
【安定収益】ビジネスモデルで選ぶ
コインランドリー経営
3選
好立地

商業施設内で
立地の優位性

ジーアイビー
株式会社ジーアイビー公式HPのキャプチャ

引用元:株式会社ジーアイビー公式HP(https://fc-web.jp/)

ビジネスモデル
           
商業施設の"近く"ではなく、
商業施設"内"で差別化
商業施設内に建物自体を取得することで、節税効果も

特徴を詳しく見る

ジーアイビーの
公式HPで
オープンできる
商業施設を見る

電話で問い合わせる
営業時間/9:00~18:00
定休日/土・日・祝日

ブランド力

機器メーカーの
安心サポート

TOSEI
株式会社TOSEI公式HPのキャプチャ

引用元:株式会社TOSEI公式HP(https://www.tosei-corporation.co.jp/coin-seminar02/)

ビジネスモデル
洗濯機を提供するメーカーが、知見数を武器に開業支援
           
メンテナンスも安心のサポート

特徴を詳しく見る

       

TOSEIの
公式HPで
出店実績を
詳しく見る

       

電話で問い合わせる
営業時間/9:00~17:45
定休日/土・日・祝日

低コスト

都心型で
小さくスタート

ネクサス
ネクサス公式HPのキャプチャ

引用元:株式会社ネクサス公式HP(https://www.nexus55.co.jp/)

ビジネスモデル
ガス工事不要、省スペース化により「徒歩・自転車」の生活導線にこだわり
中古機械の使用でリースより割安に

特徴を詳しく見る

ネクサスの
公式HPで
開業プランを
詳しく見る

電話で問い合わせる
営業時間/9:00~18:00
定休日/土・日・祝日

【サイトに掲載する会社について】
2021年12月22日時点、Googleで「コインランドリー 経営」「コインランドリー フランチャイズ」と検索し、検索結果10ページまでに表示された、上位60社を調査。コインランドリーの安定経営を目指すために必要な「立地」「ブランド力」「コスト」の観点から、以下の基準で3社を選出しました。

【3社の選定理由】
(立地)ジーアイビー…商業施設に特化した立地戦略を取っている企業の中で、最も出店実績が多い。
(ブランド力)TOSEI…機器メーカーの中で、最もFC展開店舗数が多い。
(コスト)ネクサス…開業プランが明記されている企業の中で、最も初期費用が安い。