コインランドリー経営まるわかりガイドコインランドリー経営まるわかりガイド
コインランドリー経営まるわかりガイド » コインランドリー経営と他の投資商品を比較

コインランドリー経営と他の投資商品を比較

コインランドリー投資とは

コインランドリー投資は、コインランドリーのオーナーとして経営し、利回りを得る投資方法のことを指します。サラリーマンのサイドビジネスとして人気があり、選択機材やその設置費用・搬送費などを2000万円ほどの初期費用でスタートできます。コインランドリー業界は成長傾向にあり、新規参入者も多い激戦区です。この業界は他の業界と比べて1ヶ月ごとにかかる水道光熱費や家賃といったランニングコストは比較的安価となっています。

コインランドリー投資の仕組み

コインランドリー投資は高い投資効果が魅力となっています。コインランドリーは借地に店舗を建てる傾向があり、この場合は一般動産として即時減価償却することができます。資産価値が下がるごとに固定資産税が安くなるので節税として大きなメリットがあります。

経営スタイルはフランチャイズと個人経営があり、保健所へコインオペレーションクリーニング営業施設開設届や洗濯機の配置図などを提出して、検査を通過すると営業できるようになります。

コインランドリー投資のメリットデメリット

メリット

空室リスクがない

コインランドリー投資は不動産投資と違って、空室のリスクはあまりありません。そのため、比較的安定した収入を見込めます。コインランドリーは共働き世帯が増えるとともに、将来的に業界が大きくなっていくことが期待できる点も魅力です。使用されない・稼働しないリスクはあるため、立地や物件選びを慎重にしましょう。

節税対策になる

洗濯機や乾燥機は購入価格として大きな金額が必要となり、コインランドリー投資の場合は「中小企業経営強化税制」によって、即時減価償却や10%の税額控除を適用できます。これによって必要以上に費用を支払わずに済みます。節税対策ができるようになるため、節税効果も得やすくなります。

人件費が抑えられる

コインランドリーでは基本的にセルフサービスとなっています。スタッフが必要な作業は、掃除や洗剤の補充などの作業に限られています。そのため、人件費を必要以上に費やす必要がなく、防犯カメラを設置することでリスクの軽減にもつながります。

デメリット

水道代・電気代のランニングコストがかかる

コインランドリーは洗濯機や乾燥機を利用するため、どうしてもランニングコストがかかってしまいがちです。 洗濯機には大量の水・電気が必要となるため、24時間営業にする場合は費用がかさむ可能性があることを考慮しておきましょう。

無人店舗なので防犯対策が必要

コインランドリーでは無人だからこその犯罪やトラブルが発生しがちです。例えば、乾燥機や洗濯機の故障や両替機のお金を狙った犯罪などです。このような場合は、防犯カメラを設置したり、管理会社と事前に契約しておいたりして防犯対策しましょう。

初期投資が大きく、立地に失敗してもすぐに撤退できない

土地代や建物代もかかる場合は、初期費用も3000万円程度かかることもあります。銀行から融資を受けている場合は簡単に撤退もできないので、注意が必要です。

立地戦略で安定収益を実現できる
コインランドリー経営をチェック

コインランドリー経営と不動産投資を比較

コインランドリー経営とよく比較されるのが、マンションやアパート経営などに代表される不動産投資です。どちらも「土地活用」というポイントでは同じですが、たとえばコインランドリーは小さな土地でも始められる、「都市部」と「郊外」どちらにもニーズがあるといったメリットがありますが、不動産投資はある程度の広さの土地が必要な上、ニーズが都市部の方になりがちです。

しかし、光熱費や消耗品、人件費などといった費用が毎月かかってくるコインランドリー経営と違って、不動産投資は一般的に毎月かかるコストというのはほとんどありません。

このようにコインランドリー経営と不動産投資では、「立地・土地の大きさ」や「コストパフォーマンス」、「節税効果」、「収入スパン」といった、いくつかの点で違いがあります。

コインランドリー経営と不動産投資を比較について詳しく見る

コインランドリーと太陽光発電システムの投資を比較

空いている土地を活用したい、遊休地利用の投資をしたい場合、候補の中に「コインランドリー経営」と「太陽光発電システムの投資」にある方も多いのではないでしょうか。初期費用はある程度かかるものの、必要なものをそろえてしまえば、手間もかからず収益が入ってくるといった投資として、どちらも人気のビジネスです。

太陽光発電システムは設置することで、発電した電気を電力会社に買い取ってもらうことができます。機器のメンテナンスもさほど手間を架けなくて良いため、遠方の土地を相続した際も利用できるでしょう。

コインランドリー経営は年間を通して洗濯需要が変動しないことから、長期間にわたって集客が見込めます。

このように、2つのビジネスには異なるメリットがあり、またデメリットもあります。

コインランドリーと太陽光発電システムの投資を比較について詳しく見る

コインランドリー経営とコインパーキング経営を比較

遊休地や余剰地を活用する際に代表的なもののひとつである「コインパーキング」。

コインランドリー経営は開業するのに数千万はかかると言われていますが、店舗などが不要なコインパーキングは、比較的開業資金は少なめです。

利回りで比べてみると、コインランドリー経営は平均10~20%程度、コインパーキング経営は、平均4~6%程度と言われており、投資した資金を回収しやすいのは、コインランドリーと言えます。

このように、コインランドリー経営とコインパーキング経営にもそれぞれ特徴があります。メリット・デメリットを見極めながら、どちらのビジネスがいいのかを選ぶ必要があります。

コインランドリー経営とコインパーキング経営を比較について詳しく見る

コインランドリーの
集客はFC本部の
経営戦略で決まる!

コインランドリーのイメージ

安定収益を目指すには、集客戦略を打ち出すコインランドリーのフランチャイズ本部に加盟することが近道。
「立地戦略」「知名度(ブランド力)」「初期投資の手軽さ」という3つの観点で、おすすめの3社を紹介!

コインランドリー
経営FC本部3選を
詳しく見る
【安定収益】ビジネスモデルで選ぶ
コインランドリー経営
3選
好立地

商業施設内で
立地の優位性

ジーアイビー
株式会社ジーアイビー公式HPのキャプチャ

引用元:株式会社ジーアイビー公式HP(https://fc-web.jp/)

ビジネスモデル
           
商業施設の"近く"ではなく、
商業施設"内"で差別化
商業施設内に建物自体を取得することで、節税効果も

特徴を詳しく見る

ジーアイビーの
公式HPで
オープンできる
商業施設を見る

電話で問い合わせる
営業時間/9:00~18:00
定休日/土・日・祝日

ブランド力

機器メーカーの
安心サポート

TOSEI
株式会社TOSEI公式HPのキャプチャ

引用元:株式会社TOSEI公式HP(https://www.tosei-corporation.co.jp/coin-seminar02/)

ビジネスモデル
洗濯機を提供するメーカーが、知見数を武器に開業支援
           
メンテナンスも安心のサポート

特徴を詳しく見る

       

TOSEIの
公式HPで
出店実績を
詳しく見る

       

電話で問い合わせる
営業時間/9:00~17:45
定休日/土・日・祝日

低コスト

都心型で
小さくスタート

ネクサス
ネクサス公式HPのキャプチャ

引用元:株式会社ネクサス公式HP(https://www.nexus55.co.jp/)

ビジネスモデル
ガス工事不要、省スペース化により「徒歩・自転車」の生活導線にこだわり
中古機械の使用でリースより割安に

特徴を詳しく見る

ネクサスの
公式HPで
開業プランを
詳しく見る

電話で問い合わせる
営業時間/9:00~18:00
定休日/土・日・祝日

【サイトに掲載する会社について】
2021年12月22日時点、Googleで「コインランドリー 経営」「コインランドリー フランチャイズ」と検索し、検索結果10ページまでに表示された、上位60社を調査。コインランドリーの安定経営を目指すために必要な「立地」「ブランド力」「コスト」の観点から、以下の基準で3社を選出しました。

【3社の選定理由】
(立地)ジーアイビー…商業施設に特化した立地戦略を取っている企業の中で、最も出店実績が多い。
(ブランド力)TOSEI…機器メーカーの中で、最もFC展開店舗数が多い。
(コスト)ネクサス…開業プランが明記されている企業の中で、最も初期費用が安い。