コインランドリー経営まるわかりガイドコインランドリー経営まるわかりガイド
コインランドリー経営まるわかりガイド » コインランドリー経営の基礎知識 » コインランドリーを開業するための費用と利回り

コインランドリーを開業するための費用と利回り

コインランドリーを開業するための費用はいくらかかる?

店舗の広さや機器の設置数によって変動しますが、一般的な費用としては以下のとおりです。

小型店舗と大型店舗の費用感の違い

店舗の大きさとしては、小型店舗だと15坪程度、大型店舗だと50坪程度というように幅広く、初期費用にも違いが出ています。

小型店舗の場合

大型店舗の場合

更地から始めると、初期費用は小型店舗でもおよそ3~4,000万円ほどかかると言われています。

投資家は、そのうちの30~40%を自己資金で、残りは融資による資金調達を行うのが一般的なようです。

装置産業のため、コインランドリーを始める際には設備を揃えることは必須です。洗濯機や乾燥機の資金はもちろんのこと、店舗の内装・外装、駐車場整備なども必要となります。

参照元:イエウール(https://ieul.jp/column/articles/1900/)

コインランドリー経営FC(フランチャイズ)本部3社
【安定収益】ビジネスモデルごとに紹介!

機器費用の内訳と内装工事の工程について

洗濯・乾燥機器・洗濯乾燥機代の内訳と、設備・内装工事の工程について調査しました。

洗濯・乾燥機器・洗濯乾燥機代

設備・内装工事の工程

内装工事の費用に関しては、一般的に「坪単価◯◯万円」という基準になります。

設備内容や設置する機器の台数によって設備工事費などが変動し、また依頼する業者にもよるため、はっきりした数字は出ないものの、相場価格は1坪あたり十数万円〜二十数万円程度と言われています。

参照元:イエウール(https://ieul.jp/column/articles/1900/)

期待できる利回りはどのくらい?

コインランドリーを経営する上での利回りは、全国的にみるとおよそ8%が平均だと言われています。

実際の収益性を知るための計算式としては、以下の方法で算出できます。

実質利回り(%)=(年間売上-経費)÷ 初期投資額 × 100

人気のあるコインランドリーとなると、15%~20%の利回りを実現している例もあるようです。

利回りは、以下の方法で算出できます。

利回り(%):(年間収入 – ランニングコスト) / (購入価格 + 購入経費) × 100

高い利回りが見込めるとはいえ、コインランドリー経営は土地活用としても人気があり、知らない間にすぐ近くに競合店ができていた、ということはよくあるようです。

家賃の相場から予想収入が簡単に計算できるアパート経営とは違い、コインランドリー経営では予測がなかなか難しく、そのため出店前には見込み客へのアプローチや競合店と差別化など、経営についての地道な努力が必要となるでしょう。

参照元:イエウール(https://ieul.jp/column/articles/1900/)

コインランドリーの
集客はFC本部の
経営戦略で決まる!

コインランドリーのイメージ

安定収益を目指すには、集客戦略を打ち出すコインランドリーのフランチャイズ本部に加盟することが近道。
「立地戦略」「知名度(ブランド力)」「初期投資の手軽さ」という3つの観点で、おすすめの3社を紹介!

コインランドリー
経営FC本部3選を
詳しく見る
【安定収益】ビジネスモデルで選ぶ
コインランドリー経営
3選
好立地

商業施設内で
立地の優位性

ジーアイビー
株式会社ジーアイビー公式HPのキャプチャ

引用元:株式会社ジーアイビー公式HP(https://fc-web.jp/)

ビジネスモデル
           
商業施設の"近く"ではなく、
商業施設"内"で差別化
商業施設内に建物自体を取得することで、節税効果も

特徴を詳しく見る

ジーアイビーの
公式HPで
オープンできる
商業施設を見る

電話で問い合わせる
営業時間/9:00~18:00
定休日/土・日・祝日

ブランド力

機器メーカーの
安心サポート

TOSEI
株式会社TOSEI公式HPのキャプチャ

引用元:株式会社TOSEI公式HP(https://www.tosei-corporation.co.jp/coin-seminar02/)

ビジネスモデル
洗濯機を提供するメーカーが、知見数を武器に開業支援
           
メンテナンスも安心のサポート

特徴を詳しく見る

       

TOSEIの
公式HPで
出店実績を
詳しく見る

       

電話で問い合わせる
営業時間/9:00~17:45
定休日/土・日・祝日

低コスト

都心型で
小さくスタート

ネクサス
ネクサス公式HPのキャプチャ

引用元:株式会社ネクサス公式HP(https://www.nexus55.co.jp/)

ビジネスモデル
ガス工事不要、省スペース化により「徒歩・自転車」の生活導線にこだわり
中古機械の使用でリースより割安に

特徴を詳しく見る

ネクサスの
公式HPで
開業プランを
詳しく見る

電話で問い合わせる
営業時間/9:00~18:00
定休日/土・日・祝日

【サイトに掲載する会社について】
2021年12月22日時点、Googleで「コインランドリー 経営」「コインランドリー フランチャイズ」と検索し、検索結果10ページまでに表示された、上位60社を調査。コインランドリーの安定経営を目指すために必要な「立地」「ブランド力」「コスト」の観点から、以下の基準で3社を選出しました。

【3社の選定理由】
(立地)ジーアイビー…商業施設に特化した立地戦略を取っている企業の中で、最も出店実績が多い。
(ブランド力)TOSEI…機器メーカーの中で、最もFC展開店舗数が多い。
(コスト)ネクサス…開業プランが明記されている企業の中で、最も初期費用が安い。