コインランドリー経営まるわかりガイドコインランドリー経営まるわかりガイド
コインランドリー経営まるわかりガイド » コインランドリー経営の基礎知識 » 集客・経営しやすい立地とは

集客・経営しやすい立地とは

コインランドリーを経営するなら、じっくり時間をかけて選びたいのが立地です。立地はコインランドリー経営の成否を左右する重要な要素であり、集客に大きな影響を及ぼします。ここでは、コインランドリーの立地の選び方やコツについて解説します。

周辺の環境を確認しておいたほうが良い

コインランドリー経営を始めるなら、必ず周辺環境をリサーチしておきましょう。周辺の人口密度が低く、人の気配が感じられないエリアに出店しても、コインランドリーの経営が失敗に終わる可能性があります。周辺の人口はもちろん、通行量が多いところへ出店するのが望ましいです。また、周辺を歩いて集合住宅の数や密度を調べつつ、住民の属性もチェックしておくとよいでしょう。これらの情報を元に、集客できるか判断することが重要です。

ファミリー層が住んでいるエリア

コインランドリー経営が成功しやすい立地は、ファミリー層が中心のエリアです。コインランドリーと聞くと、学生やビジネスマンなど単身者がターゲットと考えてしまうかもしれません。確かに現在でも重要な客層ですが、昨今はファミリー層がメインターゲットになっています。

ファミリー層の多くは共働き夫婦の世帯です。お互いが仕事で忙しいという特徴があり、家事にまで中々手が回りません。さらに子どもが何人もいる家庭では、洗濯物の量が多くて自宅では洗いきれない、といったケースもあります。

限られた時間の中で、一度にまとめて洗濯しなくてはいけない…。大きな洗濯機があるコインランドリーは、こうした事情を抱えるファミリー層にとって便利なサービスなのです。もし住宅地に出店するなら、ファミリー層をターゲットにしてみるとよいでしょう。

スーパーが近くにあるエリア

近隣にスーパーがあるエリアも魅力的な立地といえます。なぜなら”ついで”需要を狙えるからです。

洗濯は一定の時間がかかるため、その間に買い物を済ませたいと考える方も少なくありません。そのため、"買い物のついで"にコインランドリーへ立ち寄り、洗濯が完成するまでに買い物を済ませる…。そのようなニーズに応えられるのです。

スーパーの近くにあるコインランドリーは、賑わっているところも少なくありません。もし近隣にスーパーがあるなら、候補地に入れてみるとよいでしょう。

利用者が見つけやすい立地

見つけやすい立地であることも重要です。住宅街にひっそりと佇むコインランドリーもありますが、目立つ場所にあったほうが集客できます。特にファミリー層は車で来店するパターンが多いため、見つけやすさは集客に大きく影響します。ただ、周辺の道路や建物の状況によって視認性は変わります。見つけやすいかどうかを判断するためにも、自分で車を運転して確認するとよいでしょう。

利用者が見つけやすく、かつ近隣にスーパーなどの商業施設があれば集客も期待できます。ついで需要を狙えますので、集客力を高めたいなら周辺施設も確認しておきましょう。

駐車場があるか

より集客力を高め、売上を増やしたいのであれば、駐車場も考慮する必要があります。コインランドリーは、車で来店する利用者もいますし、大量の洗濯物や大きな布団などを持ち込むケースもあります。そのような利用者へ対応するためには、駐車場が不可欠といってもよいでしょう。できるだけ広く、かつ車を多く停められるようにしておけば、車で来店する利用者のニーズにしっかり応えられます。

反対に駐車スペースが狭い・駐車台数が少ないコインランドリーは敬遠される可能性があります。もし駐車場を用意するのであれば、十分な広さなどを確保しておきましょう。

アパート・マンションに近い立地

昨今のコインランドリーはファミリー層をターゲットにしていますが、単身世帯のニーズも底堅いものがあります。このため、付近にアパートやマンションがある立地は単身世帯の利用が見込めます。ただし、近隣にすでにコインランドリーがある場合、競合してしまうリスクがあります。

駅が近くにある

駅が近い場所でのコインランドリー経営もおすすめです。特に都市部の場合、車を所有していない世帯も少なくありません。その分鉄道の利用者が多く、帰宅途中に立ち寄れるコインランドリーは重用される可能性があります。

駅の近くに出店する場合、駐車場は設置しなくても問題ありません。土地が狭くても経営できるので、初期投資を抑えることも可能です。

立地選びは見極めが大切

コインランドリー経営を成功させるためには、立地を見極めることが重要です。現在所有している土地や、出店を予定している場所の立地をしっかり確認し、コインランドリー経営の成否を判断する必要があります。

コインランドリーは必要なリソースが少なくて済む一方、経営の成否は立地でほぼ決まるといってもよいでしょう。もし集客力が低く、需要が見込めない場所でコインランドリーを始めても、リピーターどころか新規顧客の獲得すら困難になるおそれがあります。投資資金の回収に失敗する可能性も否定はできません。コインランドリーは1,000万円以上を投資することも多いため、失敗時のリスクも大きくなります。

いずれにせよ、コインランドリー経営を始めるのであれば、立地と周辺環境を入念にリサーチすることが求められます。

その土地でコインランドリー経営が向いているのか確認は必須

コインランドリーは、単身者やファミリー層をターゲットにできるビジネスですが、それが必ずしも正解とは限りません。立地と周辺環境によっては適さない場合もあります。

土地は、コインランドリー以外にも様々な活用方法が存在します。例えばアパートやマンション経営、店舗や事務所などのテナント経営のほか、駐車場や太陽光発電もあります。他にもさまざまな活用方法があるため、コインランドリー経営にこだわる必要はないのです。

もし判断に迷った時は、その立地がコインランドリー経営に適しているか、相談することから始めてみましょう。

コインランドリーの
集客はFC本部の
経営戦略で決まる!

コインランドリーのイメージ

安定収益を目指すには、集客戦略を打ち出すコインランドリーのフランチャイズ本部に加盟することが近道。
「立地戦略」「知名度(ブランド力)」「初期投資の手軽さ」という3つの観点で、おすすめの3社を紹介!

コインランドリー
経営FC本部3選を
詳しく見る
【安定収益】ビジネスモデルで選ぶ
コインランドリー経営
3選
好立地

商業施設内で
立地の優位性

ジーアイビー
株式会社ジーアイビー公式HPのキャプチャ

引用元:株式会社ジーアイビー公式HP(https://fc-web.jp/)

ビジネスモデル
           
商業施設の"近く"ではなく、
商業施設"内"で差別化
商業施設内に建物自体を取得することで、節税効果も

特徴を詳しく見る

ジーアイビーの
公式HPで
オープンできる
商業施設を見る

電話で問い合わせる
営業時間/9:00~18:00
定休日/土・日・祝日

ブランド力

機器メーカーの
安心サポート

TOSEI
株式会社TOSEI公式HPのキャプチャ

引用元:株式会社TOSEI公式HP(https://www.tosei-corporation.co.jp/coin-seminar02/)

ビジネスモデル
洗濯機を提供するメーカーが、知見数を武器に開業支援
           
メンテナンスも安心のサポート

特徴を詳しく見る

       

TOSEIの
公式HPで
出店実績を
詳しく見る

       

電話で問い合わせる
営業時間/9:00~17:45
定休日/土・日・祝日

低コスト

都心型で
小さくスタート

ネクサス
ネクサス公式HPのキャプチャ

引用元:株式会社ネクサス公式HP(https://www.nexus55.co.jp/)

ビジネスモデル
ガス工事不要、省スペース化により「徒歩・自転車」の生活導線にこだわり
中古機械の使用でリースより割安に

特徴を詳しく見る

ネクサスの
公式HPで
開業プランを
詳しく見る

電話で問い合わせる
営業時間/9:00~18:00
定休日/土・日・祝日

【サイトに掲載する会社について】
2021年12月22日時点、Googleで「コインランドリー 経営」「コインランドリー フランチャイズ」と検索し、検索結果10ページまでに表示された、上位60社を調査。コインランドリーの安定経営を目指すために必要な「立地」「ブランド力」「コスト」の観点から、以下の基準で3社を選出しました。

【3社の選定理由】
(立地)ジーアイビー…商業施設に特化した立地戦略を取っている企業の中で、最も出店実績が多い。
(ブランド力)TOSEI…機器メーカーの中で、最もFC展開店舗数が多い。
(コスト)ネクサス…開業プランが明記されている企業の中で、最も初期費用が安い。