コインランドリー経営まるわかりガイドコインランドリー経営まるわかりガイド
コインランドリー経営まるわかりガイド » コインランドリー経営の基礎知識 » リスクに備えたコインランドリー経営の保険

リスクに備えたコインランドリー経営の保険

コインランドリー経営では、いつ・どのような形で災害やトラブルに巻き込まれるか誰にも分かりません。万が一に備えるなら、リスクを見越した保険への加入を検討するべきでしょう。ここでは、コインランドリー経営に適した保険や、起こりうるリスクについて解説しています。

火災や盗難被害をカバーする店舗総合保険

コインランドリー経営をするなら、ぜひ加入を検討しておきたいのが店舗総合保険です。店舗総合保険はさまざまなリスクに備えることが可能で、幅広く補償を受けられるのが特徴。災害はもちろん、場合によっては盗難被害までカバーされます。

店舗総合保険では、以下のようなリスクをカバーできます。

このように、さまざまなリスクに対して補償を受けることが可能です。火災などの災害だけでなく、日常的に起こりうる事故やトラブルもカバーできるのがメリット。保険料はかかるものの、安心してコインランドリー経営に集中したいなら検討する価値があります。

保険金の支払い対象外のケースに注意

しかし、店舗総合保険は無条件で補償されるわけではありません。保険金の支払い対象外となるケースもありますので、契約前に補償範囲を確認することが大切です。

例えば、以下のようなケースは保険金が支払われない可能性があります。

これらの他にも、条件次第では保険金の対象外となケースがあります。不安がある方は、保険会社へ補償について確認するとよいでしょう。

経営で起こりうるリスクとは

コインランドリーを経営していると、さまざまな事故・トラブルに巻き込まれるおそれがあります。ここからは、コインランドリー経営で起こりうるリスクについてご紹介します。

火災や落雷などによる事故

災害はいつ起こるか誰も予測できませんが、コインランドリーが火災や落雷に巻き込まれるリスクは常にあります。コインランドリーは無人のため、ひとたび火災が起きると全焼する可能税も否定できません。また、落雷によって洗濯機や乾燥機が故障すると、多額の修理・交換費用が生じることも考えられます。保険に加入し、こうしたリスクに備えることも大切です。

人的被害による設備の破損

特に注意しておきたいのは、人的な影響による設備の破損です。コインランドリーは、たとえ利用者の故意でなくとも洗濯機・乾燥機などの設備が破損するリスクが潜んでいます。例えば、洗濯物の中に紛れていた物が洗濯機を傷付けた、うっかり物をぶつけて破損させてしまった、などのケースです。

一方、悪意を持って機器や設備を破損させてしまう利用者も少なからずいます。特に24時間経営のコインランドリーの場合、防犯カメラがあってもイタズラされる可能性があります。故意による破損をゼロにすることは難しく、日頃からの対策が必須といえるでしょう。

両替機の盗難

コインランドリー経営において、両替機は不可欠な設備ですが、現金の盗難リスクがあることに注意しなくてはいけません。コインランドリーは無人経営なうえ、利用者が長時間途切れてしまうことがあるため、犯行側にとっては狙いやすい環境といえます。

もし両替機を盗難された場合、売上に影響するだけでなく、両替機の修理・交換費用もかかってしまいます。場合によっては、しばらく店舗休業せざるをえなくなり、経営に影響するリスクもあります。

故障による破損

洗濯機や乾燥機が故障し、利用者の洗濯物を破損させてしまうリスクも潜んでいます。もし店舗側に過失が認められる場合、洗濯物の修理費用や代替品の購入費用は、店舗が補償することになります。こうしたトラブルを防ぐには、定期的に設備を点検し、適切にメンテナンスすることが大切です。

店舗が破損する可能性も

店舗が破損してしまうおそれもあります。例えば、飛来物によって看板が壊れた、駐車場に入ろうとした車が運転をミスして店舗の一部を壊した、などです。このような事故は常に起こりうるため、予防は困難といえます。

コインランドリーの
集客はFC本部の
経営戦略で決まる!

コインランドリーのイメージ

安定収益を目指すには、集客戦略を打ち出すコインランドリーのフランチャイズ本部に加盟することが近道。
「立地戦略」「知名度(ブランド力)」「初期投資の手軽さ」という3つの観点で、おすすめの3社を紹介!

コインランドリー
経営FC本部3選を
詳しく見る
【安定収益】ビジネスモデルで選ぶ
コインランドリー経営
3選
好立地

商業施設内で
立地の優位性

ジーアイビー
株式会社ジーアイビー公式HPのキャプチャ

引用元:株式会社ジーアイビー公式HP(https://fc-web.jp/)

ビジネスモデル
           
商業施設の"近く"ではなく、
商業施設"内"で差別化
商業施設内に建物自体を取得することで、節税効果も

特徴を詳しく見る

ジーアイビーの
公式HPで
オープンできる
商業施設を見る

電話で問い合わせる
営業時間/9:00~18:00
定休日/土・日・祝日

ブランド力

機器メーカーの
安心サポート

TOSEI
株式会社TOSEI公式HPのキャプチャ

引用元:株式会社TOSEI公式HP(https://www.tosei-corporation.co.jp/coin-seminar02/)

ビジネスモデル
洗濯機を提供するメーカーが、知見数を武器に開業支援
           
メンテナンスも安心のサポート

特徴を詳しく見る

       

TOSEIの
公式HPで
出店実績を
詳しく見る

       

電話で問い合わせる
営業時間/9:00~17:45
定休日/土・日・祝日

低コスト

都心型で
小さくスタート

ネクサス
ネクサス公式HPのキャプチャ

引用元:株式会社ネクサス公式HP(https://www.nexus55.co.jp/)

ビジネスモデル
ガス工事不要、省スペース化により「徒歩・自転車」の生活導線にこだわり
中古機械の使用でリースより割安に

特徴を詳しく見る

ネクサスの
公式HPで
開業プランを
詳しく見る

電話で問い合わせる
営業時間/9:00~18:00
定休日/土・日・祝日

【サイトに掲載する会社について】
2021年12月22日時点、Googleで「コインランドリー 経営」「コインランドリー フランチャイズ」と検索し、検索結果10ページまでに表示された、上位60社を調査。コインランドリーの安定経営を目指すために必要な「立地」「ブランド力」「コスト」の観点から、以下の基準で3社を選出しました。

【3社の選定理由】
(立地)ジーアイビー…商業施設に特化した立地戦略を取っている企業の中で、最も出店実績が多い。
(ブランド力)TOSEI…機器メーカーの中で、最もFC展開店舗数が多い。
(コスト)ネクサス…開業プランが明記されている企業の中で、最も初期費用が安い。