コインランドリー経営まるわかりガイドコインランドリー経営まるわかりガイド
コインランドリー経営まるわかりガイド » コインランドリー経営の基礎知識 » コインランドリー経営のクレーム対応

コインランドリー経営のクレーム対応

コインランドリー経営を始めるなら、しっかり対策しておきたいのがクレームです。クレームは対応を誤ると大きなトラブルに繋がりかねず、経営に支障をきたすリスクもあります。経営を始める前に、クレームへの対応・対処方法を考えておくべきでしょう。

来るかもしれないランドリーへのクレーム

騒音に対するクレーム

まず注意したいのは、騒音に対してのクレームです。コインランドリーは基本的に24時間経営で、深夜でも洗濯機や乾燥機が稼働している店舗もあります。利用者にとっては利便性が高いかもしれませんが、洗濯機・乾燥機の騒音がトラブルを招くリスクが潜んでいます。

洗濯機・乾燥機の音は意外と大きいうえ、音は広範囲に広がります。そのため、近隣住民にとっては騒音が問題となり、未対策のままだとクレームに発展するかもしれません。

対策として防音素材を使用する

騒音に関するクレームを予防するには、防音素材を取り入れるのがよいでしょう。例えば、建物全体を振動や騒音を吸収する遮音材で囲む、防音壁を採用する、などの対策が挙げられます。

洗濯機や乾燥機の音は全体に広がるため、部分的に防音素材を取り入れても意味がありません。片方に取り入れても、反対側から音が漏れ出してしまう可能性があります。コインランドリーの規模に関わらず、騒音を防ぐなら建物全体をカバーできるように対策することが大切です。

洗濯物の盗難被害

もう一つ対策しておきたいのが盗難です。コインランドリーは無人経営が基本で、誰でも簡単に出入りできるようになっています。このため洗濯物の盗難被害が起こる可能性もゼロではなく、盗まれた被害者からクレームが入り、賠償を求められるおそれもあるのでます。

もしコインランドリーで盗難が発生した場合、責任は利用者側にあります。しかし、それでは納得できない利用者もいますので、しっかりと盗難対策を行い、安心して利用できる店舗環境を整えることが求められます。

防犯カメラがあれば安心とは限らない

盗難対策としても、ポピュラーな手段の一つが防犯カメラです。コインランドリーに限らず、防犯カメラを設置している店舗は少なくありません。一定の抑止効果がありますが、防犯カメラがあれば対策が十分とは限らないのです。

防犯カメラを設置しても、少なからず死角が生まれてしまいます。もし死角になる場所で洗濯物が盗まれた場合、犯人を特定するのは困難を極めるでしょう。死角ができないようにするには、防犯カメラを複数台設置する対策が求められます。

一方、防犯カメラに死角がなくても、カメラの解像度が低いと意味がありません。仮に犯人が写っていたとしても、画像や映像が荒ければ犯人の特定は困難になります。

IoTシステムの導入も検討してみる

コインランドリーの盗難対策を進めるのであれば、IoTシステムの導入も検討の余地があります。導入コストはかかりますが、リアルタイムに状況を確認できる仕組みを整えることで、利用者に安心感を与えられるでしょう。また、アプリなどで洗濯完了を通知してくれる仕組みもあれば、利便性を高めることも可能です。利用者が洗濯物を取りに来る時間の短縮に繋がるため、スキをなくして盗難リスクを減らせます。

クレーム対応をサポートしてくれるFCへの加入も1つの手段

コインランドリー経営において、クレームへの対策は必要不可欠といえます。しかし、自力では限界がありますので、クレーム対応をサポートしてくれるフランチャイズへの加入も検討してみましょう。クレーム対応のサポートがあれば、コインランドリー経営にリソースを集中できます。

コインランドリーの
集客はFC本部の
経営戦略で決まる!

コインランドリーのイメージ

安定収益を目指すには、集客戦略を打ち出すコインランドリーのフランチャイズ本部に加盟することが近道。
「立地戦略」「知名度(ブランド力)」「初期投資の手軽さ」という3つの観点で、おすすめの3社を紹介!

コインランドリー
経営FC本部3選を
詳しく見る
【安定収益】ビジネスモデルで選ぶ
コインランドリー経営
3選
好立地

商業施設内で
立地の優位性

ジーアイビー
株式会社ジーアイビー公式HPのキャプチャ

引用元:株式会社ジーアイビー公式HP(https://fc-web.jp/)

ビジネスモデル
           
商業施設の"近く"ではなく、
商業施設"内"で差別化
商業施設内に建物自体を取得することで、節税効果も

特徴を詳しく見る

ジーアイビーの
公式HPで
オープンできる
商業施設を見る

電話で問い合わせる
営業時間/9:00~18:00
定休日/土・日・祝日

ブランド力

機器メーカーの
安心サポート

TOSEI
株式会社TOSEI公式HPのキャプチャ

引用元:株式会社TOSEI公式HP(https://www.tosei-corporation.co.jp/coin-seminar02/)

ビジネスモデル
洗濯機を提供するメーカーが、知見数を武器に開業支援
           
メンテナンスも安心のサポート

特徴を詳しく見る

       

TOSEIの
公式HPで
出店実績を
詳しく見る

       

電話で問い合わせる
営業時間/9:00~17:45
定休日/土・日・祝日

低コスト

都心型で
小さくスタート

ネクサス
ネクサス公式HPのキャプチャ

引用元:株式会社ネクサス公式HP(https://www.nexus55.co.jp/)

ビジネスモデル
ガス工事不要、省スペース化により「徒歩・自転車」の生活導線にこだわり
中古機械の使用でリースより割安に

特徴を詳しく見る

ネクサスの
公式HPで
開業プランを
詳しく見る

電話で問い合わせる
営業時間/9:00~18:00
定休日/土・日・祝日

【サイトに掲載する会社について】
2021年12月22日時点、Googleで「コインランドリー 経営」「コインランドリー フランチャイズ」と検索し、検索結果10ページまでに表示された、上位60社を調査。コインランドリーの安定経営を目指すために必要な「立地」「ブランド力」「コスト」の観点から、以下の基準で3社を選出しました。

【3社の選定理由】
(立地)ジーアイビー…商業施設に特化した立地戦略を取っている企業の中で、最も出店実績が多い。
(ブランド力)TOSEI…機器メーカーの中で、最もFC展開店舗数が多い。
(コスト)ネクサス…開業プランが明記されている企業の中で、最も初期費用が安い。