コインランドリー経営まるわかりガイドコインランドリー経営まるわかりガイド
コインランドリー経営まるわかりガイド » コインランドリー経営の基礎知識 » コインランドリー経営するために必要な許可

コインランドリー経営するために必要な許可

コインランドリー経営を始めるためには、さまざまな許可を取得する必要があります。場合によっては複数の機関への届出が求められるため、しっかりスケジュールを立てて対応しましょう。このページでは、コインランドリー経営を始める際に不可欠な届出について解説します。

保健所に届け出が必要になる

コインランドリー経営を始めるためには、主に保健所への届出をしなくてはいけません。コインランドリーを開店する地域を管轄する保健所に対し、「コインオペレーションクリーニング営業施設開業届」を提出しましょう。

同届出には、コインランドリーの衛生管理責任者や有機溶剤管理責任者を記載します。衛生管理責任者は、店内の掃除や、洗濯機・乾燥機のメンテナンスを行うなど、コインランドリーの衛生を保つ役割を担う責任者です。

届出を出した後は、保健所の職員が実際に店舗を訪れ、施設の設置基準を満たしているか調査します。基準に満たないと営業許可が得られないため、しっかり準備しておきましょう。

開設届と施設概要の届け出を行う

また、管轄する保健所によっては「コインオペレーション営業施設概要」の提出が求められます。こちらは主に店舗の平面図で、店内や設備の構造と寸法の記載が必要です。提出の有無は保健所によって異なりますが、求められた時は速やかに提出しましょう。あらかじめ確認し、必要な場合のみ用意しておくのがおすすめです。

消防署へ届け出をしなければならない場合もある

コインランドリーを開業する際、自治体によっては洗濯機・乾燥機に出火の恐れがあると判断し、消防署への届出を義務化していることがあります。管轄の自治体に問い合わせ、提出の有無について確認しておくとよいでしょう。

開業手続きが難しい場合は専門業者に相談する

コインランドリー経営を始めるためには、保健所に各種届を提出し、自治体によっては消防署にも届出を出さなくてはいけません。もし自分では対応が難しい時は、専門の業者に相談してみましょう。

また、フランチャイズへの加入を予定しているなら、本部に届出を委託できるかどうか確認してみるのもおすすめです。届出を委託できるなら一連の手続きを本部に任せてしまい、自分は開業に向けた準備を進めると良いでしょう。

コインランドリーの
集客はFC本部の
経営戦略で決まる!

コインランドリーのイメージ

安定収益を目指すには、集客戦略を打ち出すコインランドリーのフランチャイズ本部に加盟することが近道。
「立地戦略」「知名度(ブランド力)」「初期投資の手軽さ」という3つの観点で、おすすめの3社を紹介!

コインランドリー
経営FC本部3選を
詳しく見る
【安定収益】ビジネスモデルで選ぶ
コインランドリー経営
3選
好立地

商業施設内で
立地の優位性

ジーアイビー
株式会社ジーアイビー公式HPのキャプチャ

引用元:株式会社ジーアイビー公式HP(https://fc-web.jp/)

ビジネスモデル
           
商業施設の"近く"ではなく、
商業施設"内"で差別化
商業施設内に建物自体を取得することで、節税効果も

特徴を詳しく見る

ジーアイビーの
公式HPで
オープンできる
商業施設を見る

電話で問い合わせる
営業時間/9:00~18:00
定休日/土・日・祝日

ブランド力

機器メーカーの
安心サポート

TOSEI
株式会社TOSEI公式HPのキャプチャ

引用元:株式会社TOSEI公式HP(https://www.tosei-corporation.co.jp/coin-seminar02/)

ビジネスモデル
洗濯機を提供するメーカーが、知見数を武器に開業支援
           
メンテナンスも安心のサポート

特徴を詳しく見る

       

TOSEIの
公式HPで
出店実績を
詳しく見る

       

電話で問い合わせる
営業時間/9:00~17:45
定休日/土・日・祝日

低コスト

都心型で
小さくスタート

ネクサス
ネクサス公式HPのキャプチャ

引用元:株式会社ネクサス公式HP(https://www.nexus55.co.jp/)

ビジネスモデル
ガス工事不要、省スペース化により「徒歩・自転車」の生活導線にこだわり
中古機械の使用でリースより割安に

特徴を詳しく見る

ネクサスの
公式HPで
開業プランを
詳しく見る

電話で問い合わせる
営業時間/9:00~18:00
定休日/土・日・祝日

【サイトに掲載する会社について】
2021年12月22日時点、Googleで「コインランドリー 経営」「コインランドリー フランチャイズ」と検索し、検索結果10ページまでに表示された、上位60社を調査。コインランドリーの安定経営を目指すために必要な「立地」「ブランド力」「コスト」の観点から、以下の基準で3社を選出しました。

【3社の選定理由】
(立地)ジーアイビー…商業施設に特化した立地戦略を取っている企業の中で、最も出店実績が多い。
(ブランド力)TOSEI…機器メーカーの中で、最もFC展開店舗数が多い。
(コスト)ネクサス…開業プランが明記されている企業の中で、最も初期費用が安い。