コインランドリー経営まるわかりガイドコインランドリー経営まるわかりガイド
コインランドリー経営まるわかりガイド » コインランドリー経営の基礎知識 » コインランドリー経営の年収

コインランドリー経営の年収

コインランドリー経営の年収は300万円で、必要となる経費を差し引いて月収は60万円程度となっています。経営形態は「個人経営」と「フランチャイズ経営」の2種類があり、これによっても収入が変わるので、慎重に検討しましょう。

収入の目安

コインランドリーの収入は、土地代や電気代などの経費を差し引いて月収60万・年収300万円とされています。コインランドリーの使用料は、一般的に1回300~800円です。コインランドリーの使用ごとに得られる収入は、現金ですぐに回収できるため、未払い分を抱える心配もありません。現金収入が得られるまで時間がかかるビジネスと比較すれば、現金を確実に得られるコインランドリー経営は魅力的といえます。

コインランドリーは、魅力的な分だけ競争相手が多い業界でもあります。しかし、土地の立地や内装・外装を吟味して、取り入れる機械にも花粉や菌を除去するものを設置し、ターゲットを絞ることで収入の拡大も狙えます。 工夫次第で集客も増やせますし、個人経営とフランチャイズで経営の形態も変わるので、大体の目安としてお考えください。

個人経営の収入目安

個人経営を行う場合は、経営で得た収入は経費とローンの返済金を除いた金額はすべて利益となっています。集客力はフランチャイズに比べて下がりますが、ロイヤリティや加盟金などの費用を払う必要もなくなります。個人で経営する場合、お客さんが満足できるような工夫・経営戦略が必須となっています。

店舗を立地の良い場所に建てて、慎重に経営を行えば、全体の目安となる金額を得られるようになります。

個人経営では店舗の設備や管理をすべて自分で行う必要があります。そのため、すべて自分がしないといけないので手間も時間もかかることになります。フランチャイズ経営のように親会社に合わせていく必要はなくて自由度が高いものの、経営をする上で自分はどこまで取り組むのか、利益を逃す可能性もあるのです。

フランチャイズ経営の収入目安

フランチャイズは親会社のブランドや看板を借りて、経営ができます。ノウハウを持っている親会社の経営サポートも得られます。

フランチャイズのブランドの看板を借りられたり経営指南を受けたりできる分、加盟金は約50~300万円・保証金は100万円、ロイヤリティは売上の5~10%が目安となっています。また、企業にもよりますが、決められた期間に売上をあげたり、リース契約といった条件が必要になったりします。

フランチャイズに近いサポート運営会社を利用する場合は、フランチャイズのように加盟金や店舗一律の規定はありません。経営のサポートは、自由度が高くなるという特徴があります。

まとめ

コインランドリー経営は、大体目安として年収300万円・月収60万が目安となっています。自由度の高い個人経営や親会社からのサポートを得られるフランチャイズ経営という形態で経営ができます。

フランチャイズ経営は初心者でも経営のノウハウのサポートが得られる代わりに、加盟金やロイヤリティなどが必要となります。個人経営の場合は自分ですべて自由に決められる代わりに、洗濯機の手配から設置・管理まで様々なことを自分で決めて、自分で行う必要があります。

工夫次第でより多くの集客が狙えるので、どんなお店にしたいか・どのエリアでどんなターゲットを狙いたいかをしっかりと考えましょう。

コインランドリーの
集客はFC本部の
経営戦略で決まる!

コインランドリーのイメージ

安定収益を目指すには、集客戦略を打ち出すコインランドリーのフランチャイズ本部に加盟することが近道。
「立地戦略」「知名度(ブランド力)」「初期投資の手軽さ」という3つの観点で、おすすめの3社を紹介!

コインランドリー
経営FC本部3選を
詳しく見る
【安定収益】ビジネスモデルで選ぶ
コインランドリー経営
3選
好立地

商業施設内で
立地の優位性

ジーアイビー
株式会社ジーアイビー公式HPのキャプチャ

引用元:株式会社ジーアイビー公式HP(https://fc-web.jp/)

ビジネスモデル
           
商業施設の"近く"ではなく、
商業施設"内"で差別化
商業施設内に建物自体を取得することで、節税効果も

特徴を詳しく見る

ジーアイビーの
公式HPで
オープンできる
商業施設を見る

電話で問い合わせる
営業時間/9:00~18:00
定休日/土・日・祝日

ブランド力

機器メーカーの
安心サポート

TOSEI
株式会社TOSEI公式HPのキャプチャ

引用元:株式会社TOSEI公式HP(https://www.tosei-corporation.co.jp/coin-seminar02/)

ビジネスモデル
洗濯機を提供するメーカーが、知見数を武器に開業支援
           
メンテナンスも安心のサポート

特徴を詳しく見る

       

TOSEIの
公式HPで
出店実績を
詳しく見る

       

電話で問い合わせる
営業時間/9:00~17:45
定休日/土・日・祝日

低コスト

都心型で
小さくスタート

ネクサス
ネクサス公式HPのキャプチャ

引用元:株式会社ネクサス公式HP(https://www.nexus55.co.jp/)

ビジネスモデル
ガス工事不要、省スペース化により「徒歩・自転車」の生活導線にこだわり
中古機械の使用でリースより割安に

特徴を詳しく見る

ネクサスの
公式HPで
開業プランを
詳しく見る

電話で問い合わせる
営業時間/9:00~18:00
定休日/土・日・祝日

【サイトに掲載する会社について】
2021年12月22日時点、Googleで「コインランドリー 経営」「コインランドリー フランチャイズ」と検索し、検索結果10ページまでに表示された、上位60社を調査。コインランドリーの安定経営を目指すために必要な「立地」「ブランド力」「コスト」の観点から、以下の基準で3社を選出しました。

【3社の選定理由】
(立地)ジーアイビー…商業施設に特化した立地戦略を取っている企業の中で、最も出店実績が多い。
(ブランド力)TOSEI…機器メーカーの中で、最もFC展開店舗数が多い。
(コスト)ネクサス…開業プランが明記されている企業の中で、最も初期費用が安い。