コインランドリー経営まるわかりガイドコインランドリー経営まるわかりガイド
コインランドリー経営まるわかりガイド » コインランドリー経営の基礎知識

コインランドリー経営の基礎知識

コインランドリーを運用するまでの流れ

コインランドリーは運用してからは比較的手がかかることは少ない事業ですが、開業する前には漏れのない準備が必要です。

コインランドリーを運用するまでの道のりの中で、特に大切な過程である「FC選び」「候補地選び」「助成金手続き」をご紹介しています。

FC経営においては、フランチャイザー選びから行います。どのフランチャイザーを選ぶかで、運用してからの経営が変わってきます。注意すべきポイントとしては「サポート体制の充実」「的確な提案内容」「フランチャイザーの実績」となります。

候補地選びにおいては、「周辺住民」「通行人の数」「集合住宅の数」などの現地調査が大切となります。

「助成金手続き」においては、開業する地域の自治体によっても異なってくるため、どのようなものがあるかを公式サイトなどでしっかり調べて申請するようにしましょう。

コインランドリーを運用するまでの流れについて詳しく見る

コインランドリーを開業するための費用と利回り

コインランドリーを開業するための初期費用は大いに気になるところ。小型店舗なら1,000万円台~2,000万円台、大型店舗なら3,000万円台~4,000万円台が、一般的な金額となっています。

そのほかにも内装設備工事や基礎工事、駐車場整備代などがかかってきます。

店舗は、小型店舗であれば15坪程度、大型店舗であれば50坪程度と幅広く大きさも異なります。当然初期費用も異なることになります。

また、「コインランドリーは利回りが高い」と言われていますが、全国的な平均をみてみると、利回りはおよそ8%だそう。

15%~20%の利回りを実現している人気コインランドリーもあるようですが、知らない間に近所に競合店ができていたという例も多々あり、やはり地道な経営努力が必要になります。

コインランドリーを開業するための費用と利回りについて詳しく見る

コインランドリーFCの選び方

コインランドリーを開業する際にFCを選ぶ際、なかなか一つに絞るのが難しいという方も多いでしょう。安心して経営していくためのコインランドリーFCの選び方としては、「加盟店の数が増えているか」ということ。加盟店が多くあり、かつ増え続けていれば、信頼性が高いと思って良いでしょう。

さらに会社のブランディングに強いところを選びましょう。競合社との差別化ができているFC本部に加盟すれば、大いにそのブランド力を活用することが可能。高い宣伝広告機能も望めます。

また、「効果的な経営戦略が組まれているか」「費用」に関しても、コインランドリーFCを選ぶ際での重要な部分を占めているので、充分考慮することをおすすめします。

コインランドリーFCの選び方について詳しく見る

コインランドリー経営が失敗する理由

コインランドリー事業で失敗する原因は、いったいどこにあるのでしょうか。その経営失敗のリスクを少しでも低くするために、まず理由を定かにする必要があります。

ここでは、いったいどんな理由でコインランドリー経営の悪化が始まるのか。それぞれのケースごとに解説しています。

例えば、コインランドリーに適していない土地での経営が失敗の原因として挙げられます。最初から大きな規模で営業を始めたり、24時間経営を行うこと。他店との差別化がされていないことや管理不足による衛生面の欠如などなど。

さらには、コインランドリー経営の失敗を防ぐ方法にも言及。資金計画の徹底、経費削減をしすぎないこと、付加価値をつけるといったポイントごとに詳しく説明しています。

コインランドリー経営が失敗する理由について詳しく見る

コインランドリー経営に向いている立地とは?

コインランドリーを経営するうえで、しっかりと決めておきたいのが立地です。立地は重要な要素の一つで、経営の成否に大きく関わります。ターゲット層や集客に影響するため、時間をかけて判断しておくべきです。

コインランドリー経営向きの立地は、主にファミリー層が多く住むエリアや近隣にスーパーが出店しているエリアです。利用者が見つけやすく、かつ駐車場を設置できる立地は、幅広く集客が期待できます。

一方で賃貸アパート・マンションが多いエリアは、単身世帯の需要が見込めます。また、駅が近くにある場合、車を所有していない層の需要を取り組むことが可能です。いずれにせよ、コインランドリーを経営するなら立地を慎重に判断することをおすすめします。

コインランドリー経営に向いている立地について詳しく見る

コインランドリー経営で来るかもしれないクレーム

コインランドリーを経営するうえで、しっかりと対策を取っておきたいのがクレームです。コインランドリー経営におけるクレームは決してゼロではなく、洗濯機や乾燥機の騒音や振動がトラブルを招くこともあります。また、無人になる時間帯も多いコインランドリーでは、洗濯物の盗難によるクレームにも注意が必要です。これらのクレームを防ぐためには、さまざまな対策が求められるでしょう。

騒音や振動によるクレームを防ぐなら、防音素材を使って建物全体を遮音したり、振動を吸収する仕組みを整えたりすることが大切です。盗難被害を抑止するためには、防犯カメラの設置だけでなく、IoTを活用した仕組みの導入も検討する余地があります。いずれにせよ、利用者が安心・安全に使える環境を整えることが重要です。

コインランドリー経営で来るかもしれないクレームについて詳しく見る

コインランドリー経営の保険加入

コインランドリーでは、いつ災害に巻き込まれたり、事故やトラブルに見舞われたりするか誰にも分かりません。火災などの災害や事故に備えるのであれば、幅広いリスクをカバー可能な保険への加入を検討するべきです。保険に加入することで、火災などの災害はもちろん、盗難や事故のようなトラブルによる損害もカバーできます。ただし、保険金の支払い対象外となるケースもあります。細かな条件を定めている場合もあるため、加入前に確認しておきましょう。

コインランドリー経営の保険加入について詳しく見る

コインランドリー経営するために必要な許可とは?

コインランドリー経営を始めるには、最初に保健所へコインオペレーションクリーニング営業施設開業届の提出が必要です。また、コインランドリーの施設の概要が分かる書類の提出を求められま場合もあります。これらの書類を提出したら、保健所の職員が店舗を調査し、営業許可の有無を判断します。なお、自治体によっては消防署への届出が必須ですので、事前に確認しておきましょう。

コインランドリー経営するために必要な許可について詳しく見る

コインランドリー経営の年収

コインランドリー経営は年収300万円、必要となる経費を差し引くと月収60万円が目安とされています。経営形態には自分で管理を行う「個人経営」と、すでにノウハウを持つ本社の看板を借りて指導も受けながら経営する「フランチャイズ経営」があります。フランチャイズ経営はロイヤリティや加盟金が発生しますが、個人経営はすべて自分でする手間や時間が必要となります。コインランドリー投資の魅力の一つは手離れの良さですので、どちらを選ぶかよく考えてみましょう。

コインランドリー経営の年収について詳しく見る

コインランドリー経営の初期費用

コインランドリー経営をするには初期費用が必要です。これには約2200万円~4000万円がかかります。コインランドリーには小型・大型・プレハブの3種類があり、自己保有の土地でする場合にはもっと費用を抑えることも可能です。集客面も考えて費用と立地・設備のバランスを取ることが重要です。コインランドリー投資の初期費用を無理に抑えようとして、店舗の魅力が落ちてしまわないように計画を練っていきましょう。

コインランドリー経営の初期費用ついて詳しく見る

コインランドリーの
集客はFC本部の
経営戦略で決まる!

コインランドリーのイメージ

安定収益を目指すには、集客戦略を打ち出すコインランドリーのフランチャイズ本部に加盟することが近道。
「立地戦略」「知名度(ブランド力)」「初期投資の手軽さ」という3つの観点で、おすすめの3社を紹介!

コインランドリー
経営FC本部3選を
詳しく見る
【安定収益】ビジネスモデルで選ぶ
コインランドリー経営
3選
好立地

商業施設内で
立地の優位性

ジーアイビー
株式会社ジーアイビー公式HPのキャプチャ

引用元:株式会社ジーアイビー公式HP(https://fc-web.jp/)

ビジネスモデル
           
商業施設の"近く"ではなく、
商業施設"内"で差別化
商業施設内に建物自体を取得することで、節税効果も

特徴を詳しく見る

ジーアイビーの
公式HPで
オープンできる
商業施設を見る

電話で問い合わせる
営業時間/9:00~18:00
定休日/土・日・祝日

ブランド力

機器メーカーの
安心サポート

TOSEI
株式会社TOSEI公式HPのキャプチャ

引用元:株式会社TOSEI公式HP(https://www.tosei-corporation.co.jp/coin-seminar02/)

ビジネスモデル
洗濯機を提供するメーカーが、知見数を武器に開業支援
           
メンテナンスも安心のサポート

特徴を詳しく見る

       

TOSEIの
公式HPで
出店実績を
詳しく見る

       

電話で問い合わせる
営業時間/9:00~17:45
定休日/土・日・祝日

低コスト

都心型で
小さくスタート

ネクサス
ネクサス公式HPのキャプチャ

引用元:株式会社ネクサス公式HP(https://www.nexus55.co.jp/)

ビジネスモデル
ガス工事不要、省スペース化により「徒歩・自転車」の生活導線にこだわり
中古機械の使用でリースより割安に

特徴を詳しく見る

ネクサスの
公式HPで
開業プランを
詳しく見る

電話で問い合わせる
営業時間/9:00~18:00
定休日/土・日・祝日

【サイトに掲載する会社について】
2021年12月22日時点、Googleで「コインランドリー 経営」「コインランドリー フランチャイズ」と検索し、検索結果10ページまでに表示された、上位60社を調査。コインランドリーの安定経営を目指すために必要な「立地」「ブランド力」「コスト」の観点から、以下の基準で3社を選出しました。

【3社の選定理由】
(立地)ジーアイビー…商業施設に特化した立地戦略を取っている企業の中で、最も出店実績が多い。
(ブランド力)TOSEI…機器メーカーの中で、最もFC展開店舗数が多い。
(コスト)ネクサス…開業プランが明記されている企業の中で、最も初期費用が安い。